スクリーンショット 2021-11-13 8_edited.jpg

使用方法
VoltOnoJump

VoltOnoJump

アプリのダウンロード

スクリーンショット 2021-11-20 16.52.45.png
スクリーンショット 2021-11-20 18.10.13.png
badge_black_jp.png

説明書はこちらから

スクリーンショット 2021-11-20 17.56.55.png

ジャンプマットとの接続

スクリーンショット 2021-11-20 19.08.41.png

1:マットスイッチを敷きます。

スクリーンショット 2022-02-11 11.37.31.png

2:DCケーブルを本体と接続します。

スクリーンショット 2022-02-11 11.37.40.png

3:マグネット式バッテリーを接続します。青いランプが点灯したら接続完了です。

スクリーンショット 2022-02-11 11.42.07.png
スクリーンショット 2021-11-20 18.10.13.png

4:アプリを開くと、右上に接続ボタンがあるので、タップしてください。

スクリーンショット 2022-02-11 11.43.02.png

5:機器接続画面になるので、対象の機器をタップしてください。

スクリーンショット 2022-02-11 11.43.20.png

6:これで接続完了です。

これで全てのセッティングは終了です。

アプリ機能

スクリーンショット 2022-05-02 17.04.27.png

Jump Testモードでは、ジャンプマットで測定することができる基本的なテスト項目が測定可能です。

また、アプリならではの機能となる「RSI modified」では、カウンタームーブメントジャンプのしゃがみこみスタートから離地までをカメラで撮影し、動作時間をフレームレートから算出します。

ジャンプマットから算出されたジャンプ高を、動作時間(アプリ内ではContraction time)で除することで

得られる値がRSI modifiedとなります。

スクリーンショット 2022-05-02 17.04.34.png

Force-Velocity Profileモードでは、ジャンプマットの使用(VoltOnoJump)または、手動でジャンプ高を入力(Enter munually)することによって簡単にしてFVカーブを算出することが可能です。

​なお、このモードを使用するためには、事前に①足関節底屈位での脚長と②立位膝関節90°長を測定しておく必要があります。

スクリーンショット 2022-05-02 17.25.06.png
スクリーンショット 2022-05-03 0.14.58.png

Validity of a Simple Method for Measuring Force-Velocity-Power Profile in Countermovement Jump

Jiménez-Reyes P et al., International Journal of Sports Physiology and Performance.

スクリーンショット 2022-05-02 17.04.41.png

Stepping testでは、ジャンプマット上で足踏みをした回数をカウントします。

Timerでは、ジャンプマットの上に乗っている時間または降りている時間をカウントします。

スクリーンショット 2022-05-02 17.04.49.png

Trainingモードでは、ジャンプエクササイズ実施時の記録を棒グラフにて可視化します。

スクリーンショット 2022-05-03 0.48.37.png